旅人の手記 三冊目 ‐ 蝉海夏人のブログ -

日常のよしなし事や、マンガ・アニメ・ライトノベルなどのポップ・カルチャー関することをつらつらと述べるブログ。その他、芸術・文学・社会に関することもたまに。とっても不定期に更新中。

マンガ版『カゲロウデイズ』の結末におけるアヤノの決断が提示した「分裂と創造」というモティーフ

 じん(自然の敵)Pが展開するメディアミックス・プロジェクト「カゲロウプロジェクト」の一角である、マンガ版『カゲロウデイズ』が2018年2月発売の「コミックジーン 2019年3月号」を以ってその連載を終えた。そして今月の27日にその最終巻である13巻が発売された。
 マンガ・アニメ・小説・音楽と、それぞれ時系列が異なる独自の時間軸(ルート)を持った「ループもの」として展開される本作であり、今回迎えたマンガ版のルートの結末は、私がこれまで本作から感じ取ってきた「分裂」と「創造」というモティーフを、より確信へと至らせるものであった。

 

※ 以下の作品について、核心的な部分についてのネタバレがあります。
 
 マンガ『カゲロウデイズ』1-13
 (著・じん 作画・佐藤まひろ 刊・メディアファクトリー
 小説『カゲロウデイズ』1-8(著・じん 刊・エンターブレイン
 アニメ『メカクシティアクターズ

 

続きを読む

刹那の夏

こんにちは、蝉海です。
今日も簡単な近況と読んだ本のごく簡単な紹介だけ。

このところどういうわけかまた、
昔のエニックスのマンガに触れる機会が多くなっています。
夜麻みゆきさんの『レヴァリアース』『幻想大陸』を読んで、
どっぷりオッツキイム沼にはまりこんだり(『刻の大地』は読破中)
おざ研で牧野博幸さんの『勇者カタストロフ!!』を読んだり。

その流れというわけではありませんが、
この間、ふとした切欠で天野こずえさんの短編集夢空界』『空の謳』
を買いました。
ファンからは未だに話題になるこの二冊ですが
読んでみると、たしかにこれら短編は心に残るであろうとは思いました。
前者はデビュー前の作品も多く収録されていて年月が相当経過しており、
技術的な面でもテーマ設定も現在とかなりのギャップがありますが、
「きらめく一瞬のときを追いかける」というこの作者の核は、
はじめから顕在であったのだなと感じました。

短編・掌編に宿る独特の瑞々しい感性といいますか、
私はどうもそういうものに惹かれるところがあるようです。
高校のとき、冬目景さんの『僕らの変拍子』とか鬼頭莫宏さんの『残暑』
とかを繰り返し読んでいた、あの頃のことをふと思い出させてくれました。

それでは、この辺で。


(BGM:ZARD『あの微笑みを忘れないで』)

「カゲロウプロジェクト」のメドゥーサ観――「見る≠所有する」というアンチテーゼ

※ 以下の作品について、核心的な部分についてのネタバレがあります。
 
 マンガ『カゲロウデイズ』1〜5
 (著・じん 作画・佐藤まひろ 刊・メディアファクトリー)1〜5
 小説『カゲロウデイズ』1〜5(著・じん 刊・エンターブレイン
 アニメ『メカクシティアクターズ

続きを読む

オッツキイム

昨日『レヴァリアース』(夜麻みゆきという作品を
絶版マンガ図書館にて一気読みしました。
感想ですが、昨日のtwitterで言いたいことは言ってしまった感じなので、
ここにペタペタ貼り付けておきます。

さて。それでは『幻想大陸』刻の大地も読むか……。
ただ『刻の大地』は、当時の連載の結末を何度も聞いている分、
かなり不安はある。

ではでは。また来週。


(BGM:KUKO『前を向いて歩こう』)

「如月シンタローの友情物語」として見る『カゲロウプロジェクト』

※ 以下の作品について、核心的な部分についてのネタバレがあります。
 
 マンガ『カゲロウデイズ』1〜5
 (著・じん 作画・佐藤まひろ 刊・メディアファクトリー)1〜5
 小説『カゲロウデイズ』1〜5(著・じん 刊・エンターブレイン
 アニメ『メカクシティアクターズ

続きを読む

秘密基地に集まって 「楽しいね」って単純な

どうも、こんばんは。蝉海です。

ええと、twitterやblogを見てもらえると分かるように、
最近『カゲロウプロジェクト』にどっぷりハマっています。
MVは全部観たし、アニメも視聴済み。小説・マンガも既刊は全部読みました。
今では毎日のように、公式MVや「歌ってみた」を聴いています。
さらにはpixivを巡って、ファンアートを観回るのが日課となりつつあります。
昨日もおざ研という場所で、こんな講義(↓)を勝手にする始末。

どうしてこんなにハマったのでしょうか?
正直、楽曲を聴いただけではそこまで引かれるものは感じませんでした。
「聴き易いけれど、よくあるロキノン系っぽいなあ」と。
けれども今となっては、ED曲のサマータイムレコード』とか、
聴くと胸が苦しくなって、うかつに聴けません(笑)

それは当然、私の琴線に引っかかるものがあったからでしょう。
箇条書きにしてみると、こんな感じですかね。

ジュブナイル
・濃厚な「夏」のガジェット
・秘密基地で子どもたちが集まって何かする
・邪眼
・理解と拒絶とすれ違い
・複雑な関係性
・フラットな血縁関係と擬似家族
・中性的なキャラデザ
etc...

う〜ん、こうして改めてみると、
思った以上にかなり私好みな作風なのですね。
エニックス系のマンガや創作ファンタジーによくある、
中性的でリリカルな雰囲気というか、
ジュブナイル寄りな作風が好きでしたので、
そうしたところと意外に親和性があるのかもしれません。
あと、性衝動を前出しにしない心理主義的描写も、
藤野もやむさん(桑佳あささん)とかに通じるところがあるかも。

さて。恐らく他のファンの方々もそうだと思うのですが、
私はこの『カゲプロ』に感じている最大の魅力は、
キャラクター同士の「関係」にあると思うのです。
「メカクシ団」というゆるいコミュニティを舞台に、
様々な出自、年齢、性別の人間たちが集まって描かれる、
優しく、複雑に絡み合って、少し歪な人間関係。
それが様々なメディアで断片的に描かれることで、
それら断片を自分なりに集積して、
おのおのの世界像=キャラクターの関係世界を構築する。
そこにこの作品の面白さと魅力があるように考えています。

それもカップリング人気も高い本作ですが、
あくまでメカクシ団というコミュニティを
前提に据えて妄想する人が多いように思います。
だからなのか、余り激しいカップリング妄想の抗争を、
このジャンルでは見かけることが少ないように感じますね。

このメカクシ団の「関係性」については
以前の記事でも多少述べましたが、
また今後とももっと深く突き詰めていきたいと思います。

それでは、今日はこの辺で。

(BGM:じん(自然の敵P)『サマータイムレコード』)

『コミティア30thクロニクル 第1集』読みました

先日コミティア30thクロニクル 第1集』(編・コミティア実行委員会)を読了しました。
感想を書こうと思ったのですが、大変多くの作品が収録されているため、
気になったいくつかの作品だけ言及したいと思います。
全体の感想については読書メーターの方に上げているので、こちらを参照ください。


※『作品名』(作者名/サークル名)

『サンディと迷いの森の仲間たち』
内藤泰弘/鴨葱スウィッチブレイド

トライガン』で知られる内藤泰弘さんが初めて作った同人誌より。
私が初めて読んだのは、一昨年出た個人誌総集編『S.Flight』だった。

真に素晴らしいエンターテイメント作品である。
ハイセンスなデザイン、緻密な世界設定、エシカルなテーマと、
現在の氏のエッセンスは、初作品において既に顕然としている。
前にティアズマガジンで中村さんが絶賛していたが、
この作品を最初に掲載したのはベストな判断だったと思う。


メイドさんは魔女』
武内崇/竹箒)

あのTYPE-MOON武内崇氏が『月姫』発表とほぼ同時期に発表したコメディ。
率直に言って、指や手のデッサンや背景がかなり不安定。
月姫』と同時進行だったことを考慮しても、これはきびしい。
特長であるシンプルながらもキャッチーなキャラデザは良いのだが……。
内容は可もなく不可もなく。
氏の特徴である、メイド愛だけはしかと分かった。

あとオノマトペや書き文字のセリフに、内藤泰弘氏の影響を感じた。


『開けっ!』
あらゐけいいち/ヒマラヤイルカ)

『日常』(角川書店)で有名なあらゐさんが、連載前に発行した同人誌。
内容は、ほとんどが小説家志望の少女の独白で占めている。
この手のモティーフはともすれば、著者の自意識に比重がかかり過ぎて、
作品としての完成度を阻害してしまう危険性も高いのだが、
これは演出が上手く、充分に一つのエンターテイメントとして成立している。
最後のモノローグがタイトル・表紙につながっているという構成も良い。

余談だが本誌はこの作品の他にも、
『同人誌を作ってみた。』双見酔/下り坂道)
『シマウマにはシマがある』(BELNE/アートファクトリィ)
『R.P.E』TAGRO/放送塔)など、
クリエイティブな趣味や職業をテーマにしたものが多い。


『余命100コマ』
おーみや/Happa)

評判が良くしょっちゅうタイトルを耳にするので、気になっていた一遍。
死神に余命100コマと告げられた女の子のコメディ。

一言でいってしまうと、発想の勝利といったところ。
この手のメタ的なモティーフは作者の自己満足に陥り易い危険性があるが、
本作はネタとして巧く本筋に落とし込んでいる。
マンガという表現媒体の可能性の拡張に挑戦した、秀作。


『SUMMER SONG』
(南研一/Parking)

まったく予備知識なしで読んだ。
あとがきによると著者は現在、マンガを描いていないようだ。

内容は一昔前に流行ったようなディストピアSFに、
青春の葛藤と自意識を絡ませたようなストーリー。
灰色の世界において、青年達が「物語」を求め
青臭く身勝手で純粋な意志を尖らせていくドラマツルギーは、
ポストモダン的というか脱構築的というか――、
まあこのあたりからも80〜90年代的なニオイがする。
けれども、だからこそ創作同人らしいというか、
コミティアらしさ」を感じる作品であるとも思った。
本作を最後に掲載した意図はなんとなく分かった。